ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 改革期の刑事法理論 福井厚先生古稀祝賀論文集

  • 改革期の刑事法理論 福井厚先生古稀祝賀論文集

改革期の刑事法理論 福井厚先生古稀祝賀論文集

  • ISBN
    978-4-589-03523-3
  • 発売日
    2013年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

14,000 (税込:15,120

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「未決拘禁制度改革の理論」を中心に、「刑事訴訟法・警察法」「刑法・刑事政策」にも目配せし、刑事司法改革を総合的に考察。新時代の刑事法理論の来し方行く末を批判的に論じる。
目次
第1部 未決拘禁制度改革の理論(逮捕前置主義の意義とその展開
フランスの警察留置法制の現在
勾留の相当性・序説 ほか)
第2部 刑事訴訟法・警察法(訴因変更の要否に関する平成十三年判例への疑問
裁判員裁判が適正であるために必要な水準
伝聞概念の一素描 ほか)
第3部 刑法・刑事政策(不真正不作為犯の未遂
政治資金規正法における規範的構成要件要素の認識について
主観的事実の立証と実体刑法の改正 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 改革期の刑事法理論 福井厚先生古稀祝賀論文集
  • 改革期の刑事法理論 福井厚先生古稀祝賀論文集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中