ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ人を殺してはいけないのか 法哲学的思考への誘い

  • なぜ人を殺してはいけないのか 法哲学的思考への誘い

なぜ人を殺してはいけないのか 法哲学的思考への誘い

  • 青山治城/著 青山 治城
    1951年生まれ。1981年筑波大学大学院社会科学研究科修了(法学博士)。現在、神田外語大学(国際コミュニケーション学科)教授

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-589-03501-1
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,100 (税込:2,268

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ごく当たり前のように見える規範命題への問い。これに真っ当に答えるべく、法を根源的に考える思考法へと導くスリリングな案内書。
目次
序章 「心の内戦」と「法の力」
第1章 「なぜ」という問いの意義
第2章 殺してはいけない「人」とは何か
第3章 「殺す」とはどういうことか
第4章 「いけない」とはどういうことか
第5章 法的正義と法的責任

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ人を殺してはいけないのか 法哲学的思考への誘い
  • なぜ人を殺してはいけないのか 法哲学的思考への誘い

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中