ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひと・まち・ものづくりの経済学 現代産業論の新地平

  • ひと・まち・ものづくりの経済学 現代産業論の新地平

ひと・まち・ものづくりの経済学 現代産業論の新地平

  • 十名直喜/著 十名 直喜
    1948年兵庫県に生まれる。1971年神戸製鋼所入所(92年1月まで)。1992年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、名古屋学院大学経済学部助教授。1994年京都大学博士(経済学)。現在、名古屋学院大学経済学部/大学院経済経営研究科教授

  • ISBN
    978-4-589-03445-8
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • まちづくり、ひとづくりへと視野を広げ、現場と実践をふまえて現代産業論の視点から〈ものづくり〉を捉えなおす。日本初にして現場発のオリジナルなものづくり経済学の書。
目次
現代産業論の新地平―ひと・まち・ものづくりの三位一体アプローチ
第1部 ものづくりとひとづくり―技術と現場のダイナミズム(ものづくりと技術・技能―「型」とひとづくりの視点
現場重視のものづくりと経営戦略―東国製鋼モデルにみる経営革新と日韓比較の視点
伝統産業のハイテク化と熟練技能伝承―日本の中小メーカーにみる「型」と創造のダイナミズム)
第2部 ものづくりとまちづくり―産業と地域の文化的創造(産業・地域の文化的創造とブルーツーリズム
陶磁器産業と地域の文化的再生―瀬戸ノベルティ・モデルにみる新たな視点
伊万里・有田焼の産業振興とまちづくり―産業と地域、伝統と創造のダイナミズム ほか)
第3部 「働・学・研」融合とひとづくり―労働と人生の文化的創造(工場と人間発達―『資本論』にみる労働と学びの原点
“働きつつ学ぶ”現場研究のダイナミズムと秘訣―「働・学・研」融合の3次元体験と原型づくりを通して
「働・学・研」融合の経験知と新地平―“働きつつ学ぶ現場研究”シンポジウムの総括と課題)
環境文化革命と人間発達

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • ひと・まち・ものづくりの経済学 現代産業論の新地平
  • ひと・まち・ものづくりの経済学 現代産業論の新地平

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中