ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代アジア経済論

  • 現代アジア経済論

現代アジア経済論

  • 郭洋春/著 郭 洋春()
    1991年立教大学経済学部専任講師。1994年同助教授。2001年同教授、現在にいたる。専門は開発経済学、アジア経済論

  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-589-03373-4
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経済だけでなく、政治・社会・文化の領域も含め多角的にアプローチし、激変するアジアの動向への定点観測的な視座を提示する。
目次
第1章 世界の中のアジア―世界の工場から消費市場へ
第2章 アジアはなぜ発展したのか―アジアの謎に迫る
第3章 グローバリゼーションとアジア―グローバリゼーションは世界を良くするか
第4章 アジアと通貨危機―なぜ成長神話は崩れたのか
第5章 アジアとFTA―日本のFTA戦略
第6章 アジアとAPEC―世界最大の地域協力は可能か
第7章 アジアに浸透するジャパナイゼーション―ジャパナイゼーションは日本の新たな外交戦略となるか
第8章 観光産業から見たアジアと日本―観光産業こそが日本を救う
第9章 日本の中のアジア―日本は「多民族国家」になれるか
第10章 国際舞台で活躍するアジア―存在感を増すアジア
第11章 アジアの抱える諸問題―岐路に立つアジアと日本

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代アジア経済論
  • 現代アジア経済論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中