ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 憲法と沖縄を問う

  • 憲法と沖縄を問う

憲法と沖縄を問う

  • ページ数
    187p
  • ISBN
    978-4-589-03277-5
  • 発売日
    2010年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 普天間基地問題は、民意に反する“日米合意”によって決着が図られようとしている。そもそも不当な「負担」や「痛み」は軽減・分散するのではなく、除去されるべきであろう。いま沖縄の怒りが臨界にあるなかで、“憲法から沖縄を”“沖縄から憲法を”問い直す作業を通じて、沖縄がかかえている諸問題の実像に迫る。
目次
総論
沖縄と基地(2つの法体系と基地問題
「国家の安全保障」と「人間の安全保障」の間で
軍用地の強制収用問題)
沖縄と自然保護
沖縄・平等・家族
内心の自由と沖縄靖国訴訟
表現・歴史・民主政―教科書検定と沖縄の「民意」
知る権利と防衛情報―那覇市情報公開決定取消訴訟事件
沖縄における生存権
学問の自由・教育権・学習権
沖縄の雇用・失業問題
沖縄における地方自治
沖縄における自治の実践―県民投票・市民投票
国家主権と人権

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 憲法と沖縄を問う
  • 憲法と沖縄を問う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中