ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 水都学 5 特集水都研究

  • 水都学 5 特集水都研究

水都学 5 特集水都研究

  • 陣内秀信/編 高村雅彦/編 陣内 秀信
    1947年生まれ。法政大学デザイン工学部教授。専門はイタリア都市史・建築史。パレルモ大学、トレント大学、ローマ大学にて契約教授を務めた。地中海学会および都市史学会会長

    高村 雅彦
    1964年生まれ。法政大学デザイン工学部教授。専門はアジア都市史・建築史。2013年、上海同済大学にて客員教授を務めた

  • 巻の書名
    特集水都研究
  • ISBN
    978-4-588-78025-7
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,740

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 水都研究の視野は、東京からアジア、ヨーロッパ、そしてアメリカへと拡大し、さらに現代から近代、近世、中世に遡って、都市が生まれた背景に迫ろうとしている。また、都市の背後に水系を軸に拡がるテリトーリオ(地域)へ目を向け、都市の成立する条件として広く水の役割を考察した。『水都学』シリーズ最終巻で、現在における水都研究の到達点と問題点を明らかにする。
目次
水都研究(水の聖地の意味論
水系とテリトーリオ 河川等の多様な利用―歴史的な「水系産業クラスター」
港町から港湾都市へ、そして新たな水都へ
フランスの地域形成にみる横糸と縦糸―流域圏とインフラ整備
水循環都市東京
「水の論理」を探る―都市と水との関わりを律するもの
「水の制御」で捉える東京下町低地の水都像
新聞記事上の江戸城外濠―都市の近代化に伴う社会的関心の変遷
水と緑のエコロジカルネットワーク
ニューヨークにおけるウォーターフロントの新たな展開
「歴史・エコ廻廊」の理論と実践)
特別論文(著作権侵害についてのお詫び
港をめぐる二都関係―江戸・東京と横浜)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 水都学 5 特集水都研究
  • 水都学 5 特集水都研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中