ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 連単分離の会計システム フランスにおける2つの会計標準化

  • 連単分離の会計システム フランスにおける2つの会計標準化

連単分離の会計システム フランスにおける2つの会計標準化

  • 大下勇二/著 大下 勇二
    1954年香川県生まれ。法政大学経営学部教授。博士(経営学)(法政大学)。神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1983年法政大学経営学部研究助手、専任講師、助教授を経て1995年教授、2004年経営学部長。日本社会関連会計学会理事、グローバル会計学会理事、国際会計研究学会元理事、元中小企業診断士試験委員、元公認会計士試験委員

  • ISBN
    978-4-588-65510-4
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,500 (税込:7,150

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 市場メカニズムを重視するアングロ・サクソン的思考にもとづいた「国際会計基準/国際財務報告基準(IAS/IFRS)」がグローバル・スタンダード化する一方、それとは異なる独自の会計システムを追求してきたフランス。個別会計と連結会計の次元を二元化してきた伝統的モデルは歴史的にどのように形成され、時代の要請に対応してきたのか。今日の世界経済の多様性を知るための稀少な研究。
目次
2つの会計標準化
プラン・コンタブル・ジェネラルとその特徴
国家会計審議会とその特徴―1957年CNCシステム
プラン・コンタブル・ジェネラルの適用とその特徴
プラン・コンタブル・ジェネラルと商法・会社法
プラン・コンタブル・ジェネラルと税法
連結会計基準の特徴
連結会計基準の適用とその特徴
リース会計の標準化と連単分離
外貨換算会計の標準化と連単分離
税効果会計の標準化と連単分離
連結のれん会計の標準化
国家会計審議会の組織改革と国際会計基準への対応
会計基準の適用方式の改革と国際会計基準適用の法的枠組み
連結会計基準のコンバージェンス
プラン・コンタブル・ジェネラルの現代化
2つの会計標準化と連単分離の会計システム

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 連単分離の会計システム フランスにおける2つの会計標準化
  • 連単分離の会計システム フランスにおける2つの会計標準化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中