ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ アメリカ・シオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造

  • ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ アメリカ・シオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造

ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ アメリカ・シオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造

  • 池田有日子/著 池田 有日子
    1970年生まれ。九州大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。政治学専攻。現在、専修大学社会科学研究所客員研究員、九州大学法学部非常勤講師、熊本大学法学部非常勤講師

  • ページ数
    309,22p
  • ISBN
    978-4-588-62536-7
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1948年のイスラエル建国に至る政治過程において決定的な役割を果たしたアメリカは、民主主義・民族自決の理念に反するユダヤ人国家建設をなぜ支持しえたのか。系譜学的アプローチによりパレスチナ問題の根源に迫る。アメリカ人であり、ユダヤ人であり、シオニストであることの孕む矛盾のなかでイスラエル建国を実現したアメリカ・シオニスト運動の全容。
目次
序章 ユダヤ人問題、パレスチナ問題、国民国家(問題の所在
本書のアプローチ)
第1部 アメリカ・シオニスト運動の成立―ルイス・ブランダイスを中心として(アメリカ・シオニスト運動の開始
ブランダイスと「アメリカ」・シオニスト運動の形成
アメリカ・シオニスト運動とパレスチナ・ユダヤ・ナショナル・ホーム)
第2部 アメリカ・シオニスト運動と「パレスチナ」(アメリカ・シオニスト運動とパレスチナ・アラブ人
アラブの大蜂起・パレスチナ分割案・パレスチナ・アラブ人の「移住」)
第3部 アメリカにおける「パレスチナにおけるユダヤ・コモンウェルス建設」というアジェンダ形成・確定をめぐる権力過程(アメリカ・シオニスト運動における「ユダヤ人国家建設」「ユダヤ軍創設」というアジェンダをめぐる権力過程
ビルトモア会議
一九四三年アメリカ・ユダヤ人会議―アメリカ・シオニストの「団結」からアメリカ・ユダヤ人の「団結」へ)
イスラエルの建国とパレスチナ問題の発生

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ アメリカ・シオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造
  • ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ アメリカ・シオニスト運動にみるネーションの相克と暴力連鎖の構造

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中