ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 医師の社会史 植民地台湾の近代と民族

  • 医師の社会史 植民地台湾の近代と民族

医師の社会史 植民地台湾の近代と民族

  • ローミンチェン/著 塚原東吾/訳 ロー ミンチェン()
    駱明正。1996年よりカリフォルニア大学デーヴィス校社会学科にて助教、准教授を務めた後、2011年より同教授

    塚原 東吾
    1961年東京生まれ。ライデン大学医学部にて1993年博士号取得。現在、神戸大学大学院国際文化学研究科教授

  • シリーズ名
    サピエンティア 36
  • ISBN
    978-4-588-60336-5
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,400 (税込:4,840

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 植民地統治下のさまざまな軋轢の中で近代化を推進する役割を担った「国家の医師」たちのアイデンティティは、如何に形成されたのか。
目次
第1章 日本統治下の台湾人医師―対立する矛盾と交渉するアイデンティティ
第2章 台湾―植民地権力の結びつき
第3章 国家の医師―一九二〇年‐一九三一年
第4章 運動解体の時代―一九三一年‐一九三六年
第5章 医学的近代主義者―一九三七‐一九四五
第6章 医学における境界―中国における同仁会プロジェクト
第7章 専門職のアイデンティティ、植民地的両義性と近代性のエージェント
付論 史料とデータについて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:DOCTORS WITHIN BORDERS

ページの先頭へ

閉じる

  • 医師の社会史 植民地台湾の近代と民族
  • 医師の社会史 植民地台湾の近代と民族

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中