ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 歴史のなかの障害者

  • 歴史のなかの障害者

歴史のなかの障害者

  • 山下麻衣/編著 山下 麻衣
    1974年生まれ。現在、京都産業大学経営学部准教授。専攻は近代日本看護史、日本経済史、日本経営史

  • シリーズ名
    サピエンティア 34
  • ISBN
    978-4-588-60334-1
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,400

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “障害者”とはどのような主体であるのか?学校、職場、病院、家庭など社会のさまざまな場で、障害をもつ人々はどのような生活を営んできたのだろうか。日独英の歴史を紐解き、そのありようを具体的かつ多面的に描きだす。
目次
第1章 初等教育と知的障害児―東京市尋常小学校の特別学級を事例として
第2章 学校と発話障害児―ドイツにおける発話障害とそれをめぐる知とケアの確立
第3章 脳病院と精神障害の歴史―昭和戦前期の精神病院における患者デモグラフィと治療の構造
第4章 工業化と障害者―工場法施行令の分析
第5章 社会階層と「精神薄弱者」―二〇世紀前半のイギリスを事例として
第6章 社会事業と肢体不自由児―近代ドイツにおける「クリュッペル」保護事業
第7章 戦争と障害者の家族―傷痍軍人の妻の視点からの戦後史

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 歴史のなかの障害者
  • 歴史のなかの障害者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中