ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 環境をめぐる公共圏のダイナミズム

  • 環境をめぐる公共圏のダイナミズム

環境をめぐる公共圏のダイナミズム

  • 池田寛二/編著 堀川三郎/編著 長谷部俊治/編著 池田 寛二
    1952年生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程中退。2003年博士(社会学)。千葉大学文学部、日本大学生物資源科学部等を経て、法政大学社会学部・大学院公共政策研究科教授。専門は、環境社会学、国際環境政策学、インドネシア地域研究

    堀川 三郎
    1962年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得満期退学、千葉大学助手を経て、法政大学社会学部教授。専門は、環境社会学、都市社会学

    長谷部 俊治
    1951年生まれ。現在、法政大学社会学部教授。専門は、行政法、国土・都市・地域政策

  • シリーズ名
    現代社会研究叢書 8 「公共圏と規範理論」シリーズ 6
  • ISBN
    978-4-588-60258-0
  • 発売日
    2012年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,280

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、人間社会の自己破壊ともいうべき環境問題とそれを解決しようとする環境政策や社会運動を、公共性・公共圏の「作り方」という視角から日本と世界の具体的な事例をもとに検証する。
目次
規範の深度―環境と公共圏を論じるために
第1部 総論:公共圏とその規範問題(環境制御システムの介入深化の含意と条件―循環と公共圏の視点から
多義的な環境価値とその保全―私権制限からみる都市環境保全ルール
社会計画としての気候変動政策と所有制度の公共的再編)
第2部 “開発・公害問題”期(環境問題をめぐる不確実性と解決原則―熊本水俣病問題を手がかりに
「状況の定義」の共振がもたらす政治的機会―カネミ油症仮払金返還問題の決着過程
河川事業における科学技術をめぐるポリティクス
リスク認知特性と住民合意形成)
第3部 “サスティナビリティ探究”期(「近くの山の木で家をつくる運動」の形成―「ローカル・マーケットの危機」が問いかけるもの
ISO14001「環境マネジメントシステム」認証制度の課題
地域自然エネルギー政策・市場の形成―「政策文化」と「エージェンシー」の視点から
地球環境問題に対する環境教育プログラム
アジアにおけるインフォーマルリサイクルの環境社会学的考察)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 環境をめぐる公共圏のダイナミズム
  • 環境をめぐる公共圏のダイナミズム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中