ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アイルランドの経験 植民・ナショナリズム・国際統合

  • アイルランドの経験 植民・ナショナリズム・国際統合

アイルランドの経験 植民・ナショナリズム・国際統合

  • 後藤浩子/編 後藤 浩子(ゴトウ ヒロコ)
    法政大学経済学部教授

  • シリーズ名
    比較経済研究所研究シリーズ 24
  • ISBN
    978-4-588-60224-5
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,720

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アイルランドの歴史は〈ネイション・ステイト〉との格闘だった。中世から現代に至るその有り様を多面的な視角より照らしだす。
目次
第1部 植民とブリテン帝国の形成(中世アイルランドにおける「ネイション」意識
ブリテン大西洋帝国におけるアイルランド―帝国国制的観点からみたその周縁性
マンスター、そしてジョージア―国境なき植民請負人としてのアングロ・アイリッシュ ほか)
第2部 連合王国への組み込みと複数のナショナリズム(リピール運動の勝者たち―「アイルランド都市法人法」とダブリン商工業者
信仰復興とナショナル・アイデンティティ―「信心革命」の時代における宗派間の対立と交流
アイルランド西部海岸地方は辺境であったか―『貧民蝟集地域開発局視察官ベイスライン報告』(1894年)を手がかりに ほか)
第3部 連合王国離脱と脱植民地化の格闘(自治から共和主義への転換点―ウィリー・レドモンド従軍からクレア補欠選挙へ
「アイルランド・朝鮮類比論」の展開―三・一運動後の日本とアイルランド
両大戦間期における産業政策の可能性と限界 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

ヨーロッパの周辺に位置づけられたアイルランドは、9世紀以降、その時々の中心勢力が押し寄せる場となってきた。ブリテン帝国の形成過程での植民、連合王国への組み込み、そこからの離脱と脱植民地化というその歴史は、まさに〈ネイション・ステイト〉との格闘でもあった。本書は中世から現代に至るアイルランドの経験を、歴史学、社会科学、文学などさまざまな分野から論じる。

ページの先頭へ

閉じる

  • アイルランドの経験 植民・ナショナリズム・国際統合
  • アイルランドの経験 植民・ナショナリズム・国際統合

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中