ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 表象のアリス テキストと図像に見る日本とイギリス

  • 表象のアリス テキストと図像に見る日本とイギリス

表象のアリス テキストと図像に見る日本とイギリス

  • 千森幹子/著 千森 幹子
    帝京大学外国語学部教授。英国イーストアングリア大学大学院で博士号(Ph.D.)を取得。大阪明浄女子短期大学講師・助教授、ケンブリッジ大学クレアホール学寮客員フェロー、山梨県立大学国際政策学部教授を経て、2014年から現職。専門領域は18世紀~19世紀イギリス小説、日英比較文学、図像研究、翻訳研究

  • ページ数
    407,31p 図版16p
  • ISBN
    978-4-588-49509-0
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,800 (税込:6,264

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ルイス・キャロルが創造した少女アリスは、その誕生から今日まで、挿絵画家や翻訳者たちによってどのように描かれてきたか。原作のノンセンス世界を見事に解釈・構築したテニエルの挿画や、明治以降の日本の翻訳・翻案作品に現れた多様な少女像を、アリス図像研究の第一人者が初めて詳細に比較分析した労作。『不思議の国のアリス』150周年を記念して刊行、図版多数!
目次
第1部 キャロルの内と外なるアリス(キャロルと二つの『アリス』物語
挿絵画家キャロルとテニエル―『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』)
第2部 オリエントと『アリス』(オリエントと『アリス』
初期『アリス』翻案と翻訳(一八九九‐一九一二)
大正児童雑誌における『アリス』邦訳
一九二〇年から一九三三年の『アリス』翻訳)
エピローグ 現在のアリス

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 表象のアリス テキストと図像に見る日本とイギリス
  • 表象のアリス テキストと図像に見る日本とイギリス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中