ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート

  • 存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート

存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート

  • 大熊昭信/著 大熊 昭信
    1944年生まれ。群馬県出身。東京教育大学英語学英米文学科卒、東京都立大学大学院および東京教育大学大学院で修士課程修了。筑波大学教授、成蹊大学文学部教授を歴任。ブレイク論で博士(文学)

  • ISBN
    978-4-588-46015-9
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,500

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 存在感とは、“今ここに私がいる”という、否定することも手放すこともできない実感である。この一見あたりまえで常識的な経験は、どのようなメカニズムで生成し、複雑で重層的な人生の意味と美をなしているのか。現象学、記号学、民俗学、脳科学、国家論、精神分析、生政治論など現代思想の主題を縦横に論じ、「生きること自体」の愉悦のありかを探索する批評の冒険。
目次
第1部 存在感とはなにか(自己の存在感という経験
存在感の組織化
存在感の形而上学―ケ、ケガレ、ハレ、カレ
存在感の現象学)
第2部 存在感の生成と展開―記号過程の自然史と社会史(意識の自然史あるいはその発生と展開の記号学と脳科学
世界観の効果と自己意識の構造
社会と国家と権力―人類記号過程の外在化と物象化
国家から国家なき社会を生み出す手法―植民地の経験に学ぶ)
第3部 存在感分析と精神分析(「在ること派」と「成ること派」または強迫神経症とヒステリー
精神分析を存在感分析で読む
“生治”へ向かう新しい主体―その思想と論理
革命的主体としての強迫神経症とヒステリー)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート
  • 存在感をめぐる冒険 批判理論の思想史ノート

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中