ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 未知との出会い 翻訳文化論再説

  • 未知との出会い 翻訳文化論再説

未知との出会い 翻訳文化論再説

  • 柳父章/著 柳父 章
    1928年東京市生。東京大学教養学部教養学科卒。元桃山学院大学教授

  • ISBN
    978-4-588-43612-3
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,860

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 未知の言葉や出来事は、最初の「出会い」のあとで、どのように既知のものへと「翻訳」されるのか。言葉はなぜ、出会いのもたらす驚きや戸惑いをやがて覆い隠し、忘れさせてしまうのか。出来事を言葉に、外国語を自国語に翻訳する行為に必然的にともなうズレのさまざまな帰結を、日本の歴史を貫く普遍的問題として追究する翻訳文化論のエッセンス。著者インタビューを付す最良の入門書。
目次
序 初めに出会いがあった
第1章 「出会い」―未知との遭遇
第2章 「文」との出会い
第3章 「自然」との出会い
第4章 「神」との出会い
第5章 「愛」との出会い
第6章 異文化との出会い
第7章 「文明」との出会い
附 翻訳との出会い インタビュー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 未知との出会い 翻訳文化論再説
  • 未知との出会い 翻訳文化論再説

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中