ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 仏独関係千年紀 ヨーロッパ建設への道

  • 仏独関係千年紀 ヨーロッパ建設への道

仏独関係千年紀 ヨーロッパ建設への道

  • 宇京頼三/著 宇京 頼三
    1945年生まれ。三重大学名誉教授。フランス文学・独仏文化論

  • ISBN
    978-4-588-35230-0
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中世以降、地理的にも政治的・文化的にもヨーロッパ世界の中心でありつづけたフランスとドイツ。フランク帝国時代における民族の成立から、統治者間の外交交渉や幾度もの戦争、そして近代国家の誕生と崩壊をへてEU統合に至るまでの一〇〇〇年の歴史を、仏独文化・思想をライフワークとしてきた著者が一気に語り下ろす。「雄鶏と鷲」と呼ばれてきた対照的な二つの国は、人類に何をもたらしてきたか。
目次
「マリアンヌとゲルマニア」
仏独関係千年紀の発端
中世盛期(十‐十四世紀)の仏独関係
新たなる王朝関係
相対する仏独両国民
フランス王家対オーストリア・ハプスブルク王家
仏独対抗の進展
十八世紀・啓蒙主義の時代
フランス革命と仏独関係
大危機の時代
戦後から「ユーロ」の世界
明日のヨーロッパ建設と仏独関係

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 仏独関係千年紀 ヨーロッパ建設への道
  • 仏独関係千年紀 ヨーロッパ建設への道

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中