ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像
  • ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像

  • ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像
  • ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像

ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像

  • 賀茂道子/著 賀茂 道子
    早稲田大学教育学部卒業、名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。現在、名城大学非常勤講師。専門は、日本政治外交史、占領史研究

  • ISBN
    978-4-588-32134-4
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,720

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人はGHQに「洗脳」されたのか?太平洋戦争の真実を教え、戦争の有罪性を自覚させようとした占領政策の成功と挫折。膨大な史料に基づき、江藤淳らの従来の説に修正を迫る意欲作。
目次
序章 「ウォー・ギルト・プログラム」とは何か
第1章 日本人を知る
第2章 「軍事的な完全敗北」を認識させる
第3章 「残虐行為」を理解させる
第4章 「戦争の真実」を提示する
第5章 東京裁判判決を受け入れさせる
第6章 原爆投下に向きあう
終章 「ウォー・ギルト・プログラム」の意義と評価

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

占領期に連合国軍総司令部は、戦争の有罪性を日本人に認識させるための政策「ウォー・ギルト・プログラム」を実施した。のちに江藤淳らはこれを、侵略戦争観を日本国民に植え付けるためのもので、洗脳であるという立場をとった。本書は、膨大な資料に基づいてプログラムで最も重視された点や内容の変遷などを詳細に検証し、従来の説に異論を唱える意欲作である。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中