ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • われ科学者たるを恥ず

  • われ科学者たるを恥ず

われ科学者たるを恥ず

  • 小倉金之助/著 阿部博行/編 小倉 金之助(オグラ キンノスケ)
    1885年、山形県酒田町に生まれる。東京物理学校、東京帝国大学化学選科に学ぶ。東京物理学校(現東京理科大学)講師、東北帝国大学数学科助手として教鞭を執り、理学博士の学位を得る。その後、塩見理化学研究所の所員に招聘されて大阪に赴き、大阪医科大学教授を兼務する。二年間のフランス留学の後、1932年より大阪帝国大学講師。1937年東京に移住し、戦後、民主主義科学者協会会長等を務めた。1962年、日本数学史学会会長に就任したが、その年、77歳で病没した

    阿部 博行(アベ ヒロユキ)
    1948年、山形県鶴岡市に生まれる。早稲田大学教育学部卒業、山形県立庄内農業高等学校教諭。『小倉金之助』で第8回「真壁仁・野の文化賞」受賞

  • ISBN
    978-4-588-31618-0
  • 発売日
    2007年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 少年時代の思い出からファシズムとの闘いと屈服,それへの反省のもとに記された戦後の発言まで,科学的理性と批判的精神に貫かれた数学者の思想の精髄を集成する。
目次
われ科学者たるを恥ず―「明治以来、日本の科学は非常な進歩をとげた」などとはげしい恥辱なしには書けぬ
1 「家」の重圧に抗して―一八八五~一九一〇(小学生のころ
中学生のころ ほか)
2 科学の大衆化をめざして―一九一〇~一九三六(東北帝国大学数学科助手
実用数学の提唱 ほか)
3 ファシズムとの闘い―一九三六~一九四五(自然科学者の任務
科学的と歴史的 ほか)
4 戦後民主主義とともに―一九四五~一九六二(自然科学者の反省
わたくしのすきな人 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

戦前・戦中・戦後に記された多彩な論考から精選し、科学的理性と批判的精神に貫かれた数学者の生涯を小倉自身の文章によってたどる。

ページの先頭へ

閉じる

  • われ科学者たるを恥ず
  • われ科学者たるを恥ず

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中