ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国民皆保険の時代 1960,70年代の生活と医療

  • 国民皆保険の時代 1960,70年代の生活と医療

国民皆保険の時代 1960,70年代の生活と医療

  • 新村拓/著 新村 拓
    1946年静岡県生。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士(早大)。専攻は日本医療社会史。公立高校教諭、京都府立医科大学医学部教授を経て、北里大学一般教育部教授、副学長。著書に『古代医療官人制の研究』(1983年)、『日本医療社会史の研究』(85年)、『死と病と看護の社会史』(89年)、『老いと看取りの社会史』(91年)―以上の4書にてサントリー学芸賞を受賞(92年)

  • ISBN
    978-4-588-31211-3
  • 発売日
    2011年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国民皆保険制度50周年を迎え制度発足後の医療の普及過程と、人々の老・病・死に対する意識の変化を追い医療と介護の未来を探る。
目次
第1章 国民皆保険への途
第2章 国民皆保険が進める医療の社会化
第3章 医療を支える仕組みの変化
第4章 変貌する社会のなかでの保健医療
第5章 薬好きと薬づけ医療のはざま
第6章 結核から成人病(生活習慣病)の時代へ
第7章 医療施設からみた高度経済成長期
第8章 変化する開業医と患者の関係
第9章 社会的関心が高まった高齢者の医療と介護
第10章 増えつづける医療費の重圧
第11章 注視される医療倫理と医師患者関係の転換

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 国民皆保険の時代 1960,70年代の生活と医療
  • 国民皆保険の時代 1960,70年代の生活と医療

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中