ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 痴呆老人の歴史 揺れる老いのかたち

  • 痴呆老人の歴史 揺れる老いのかたち

痴呆老人の歴史 揺れる老いのかたち

  • 新村拓/著 新村 拓(シンムラ タク)
    1946年静岡県生。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。現在、北里大学一般教育組織教授。専攻は日本医療社会史

  • ISBN
    978-4-588-31209-0
  • 発売日
    2002年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 古代から現代まで,人々は痴呆老人といかに向き合い,どのような動機づけによって,誰が介護してきたのか。歴史に学んで「老いと痴呆」のイメージの転換をはかる。
目次
第1章 老後不安の時代
第2章 古代中世の痴呆老人
第3章 古代中世における痴呆の病理
第4章 古代中世の社会と心を病む者
第5章 近世における老いと痴呆
第6章 近代における「老耄狂」
第7章 醇風美俗とされた近代の老人介護
第8章 戦後の医療福祉と痴呆老人
付論 歴史にみる死の臨床と安楽死

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 痴呆老人の歴史 揺れる老いのかたち
  • 痴呆老人の歴史 揺れる老いのかたち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中