ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 依存と自立の精神構造 「清明心」と「型」の深層心理

  • 依存と自立の精神構造 「清明心」と「型」の深層心理

依存と自立の精神構造 「清明心」と「型」の深層心理

  • 長山恵一/著 長山 恵一(ナガヤマ ケイイチ)
    1951年、群馬県に生まれ。鳥取大学医学部卒業。東京慈恵医科大学大学院博士課程精神医学専攻修了。医学博士。法政大学文学部助教授・教授を経て、現在、法政大学現代福祉部教授。著書に『森田療法の研究―新たな展開をめざして』(金剛出版、共著)、『心理療法の本質―内観療法を考える』(日本評論社、共著)がある

  • ISBN
    978-4-588-18602-8
  • 発売日
    2001年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,500 (税込:7,020

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 具体的な治療例の考察を通して,日本的とされてきた心理特性に普遍的な要素を見出して精神構造論に位置づける。土居健郎『甘えの構造』に代表される理論への批判。
目次
1 精神療法と文化論
2 「依存/自立」の三領域
3 依存と自立の諸相をめぐるダイナミズム(日本的特異性と普遍性)
4 「依存/自立」のダイナミズムを発動化させる原理―「型」
5 結語「清明心」と「型」のダイナミズム

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 依存と自立の精神構造 「清明心」と「型」の深層心理
  • 依存と自立の精神構造 「清明心」と「型」の深層心理

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中