ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心霊現象の心理と病理 新装版

  • 心霊現象の心理と病理 新装版

心霊現象の心理と病理 新装版

  • カール・グスタフ・ユング/〔著〕 宇野昌人/訳 岩堀武司/訳 山本淳/訳 ユング,カール・グスタフ(Jung,Carl Gustav)
    1875‐1961、スイスのケスヴィル生まれの心理学者。精神科医。バーゼル大学、チューリヒ大学で医学(精神医学)を学ぶ。1907年頃にウィーンでフロイトと出会い、その共同研究者として活動、国際精神分析学会会長(1911‐14)となる。のちバーゼル大学およびチューリヒ大学の教授をつとめた。1913年頃フロイトと決別し、フロイトの精神分析的方法とは異なる無意識・深層心理重視の独自の分析心理学(ユング心理学)を確立させた

  • ISBN
    978-4-588-18213-6
  • 発売日
    2006年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,980

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夢遊症と霊媒現象とを示す一少女の病歴を詳細に記述し,無意識の心理学の観点から分析した症例報告。ユングの理論の原点を示す。標題とあわせ「潜在記憶」を収録。
目次
心霊現象の心理と病理(緒言
遺伝負因のある女性夢遊症患者の例―心霊現象の霊媒)
潜在記憶

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 心霊現象の心理と病理 新装版
  • 心霊現象の心理と病理 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中