ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 尊厳と社会 上

  • 尊厳と社会 上

尊厳と社会 上

  • 加藤泰史/編 小島毅/編 加藤 泰史
    1956年生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。一橋大学大学院社会学研究科教授。哲学、倫理学

    小島 毅
    1962年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授。中国思想史

  • ページ数
    444,4p
  • ISBN
    978-4-588-15107-1
  • 発売日
    2020年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

5,000 (税込:5,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「尊厳ある社会」を構想する上で、主に制度設計の基礎になる議論を提示する。概念史編では、「尊厳」という言葉をめぐる議論から、文学表現における問題を論じ、内外の哲学・倫理学における研究の最新の成果を紹介する。生命政策編では、生命倫理をめぐる議論、脳神経科学と道徳の関係、動物の尊厳などを論じる。環境政策編では、自然保護や環境問題だけでなく自然概念そのものの問い直しを行う。
目次
第1部 概念史編(日本の思想における尊厳と尊貴―世界における人間の位置
尊厳概念の再概念化―和辻哲郎の視点から
先行する承認―概念自体がもつ教育上問題のある含意
尊厳と羞恥―尊厳の毀損と辱めについて
文学の経験表現から考究できる“尊厳”の諸相
伝統中国における梅の表象
中国近代の尊厳概念―魯迅の小説を通して)
第2部 生命政策編(現代日本の生命倫理学と尊厳の問題・序説
脳神経科学・道徳生理学・行為の根拠
苦を感じる能力のない生物の保護されるべき価値についての考察)
第3部 環境政策編(自然保護における取り換え可能性に対する制限
「時折、家の外に出ていって木々を見ていたい」―自然の固有価値についての哲学的考察
自然を承認する次元)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 尊厳と社会 上
  • 尊厳と社会 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中