ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 造形芸術と自然 ヴィンケルマンの世紀とシェリングのミュンヘン講演

  • 造形芸術と自然 ヴィンケルマンの世紀とシェリングのミュンヘン講演

造形芸術と自然 ヴィンケルマンの世紀とシェリングのミュンヘン講演

  • 松山壽一/著 松山 壽一
    1948年大阪市生まれ。1981年立命館大学大学院文学研究科博士課程修了。1985‐86年テュービンゲン大学留学。1995年バイエルン学術アカデミー(ミュンヘン)留学。1996‐2005年ドイツ博物館科学史研究所(ミュンヘン)客員研究員。2002‐03年カイザースラウテルン大学客員教授。現在、大阪学院大学教授

  • ISBN
    978-4-588-15073-9
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “ディオニューソス”への道。古典主義からロマン主義への移行期に、近代ドイツの美学的思考はどのように成立したのか。レッシング、ヘルダー、ゲーテ、シュレーゲル兄弟らを中心とする思想家たちが、ラオコーオン像などの古代彫刻作品やイタリア・ルネサンス美術の批評をめぐって展開した論争をつぶさに追い、ギリシア的理想がドイツの思想空間にもたらした文化的・宗教的革新の本質に迫る。掲載図版多数。
目次
第1部 ヴィンケルマンとその世紀(ヴィンケルマンの古典主義
レッシングのラオコーオン論
ヘルダーのラオコーオン論と彫塑論
ヒルトのラオコーオン論と特性論
ゲーテの古典主義
初期ロマン派の芸術論)
第2部 シェリングのミュンヘン講演(時代の中のミュンヘン講演
芸術哲学と自然哲学
象徴と寓意―ヴィンケルマン、モーリッツ、シェリング
特性と悲劇―モーリッツ、ゲーテ、シュレーゲル、シェリング
彫刻と絵画―ラファエロ、カラッチ、レーニ
ドイツ芸術の再生に向けて
ディオニューソス的なるもの)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 造形芸術と自然 ヴィンケルマンの世紀とシェリングのミュンヘン講演
  • 造形芸術と自然 ヴィンケルマンの世紀とシェリングのミュンヘン講演

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中