ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東アジアのカント哲学 日韓中台における影響作用史

  • 東アジアのカント哲学 日韓中台における影響作用史

東アジアのカント哲学 日韓中台における影響作用史

  • 牧野英二/編 牧野 英二
    1948年生。法政大学文学部哲学科教授

  • ページ数
    260p
  • ISBN
    978-4-588-15072-2
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 東アジアの近代知識人たちは、西洋思想史の不滅の古典であるカント哲学をどのように受容し、解釈し、批判してきたか。植民地統治と戦争・革命の歴史のなかで、日本・韓国・中国・台湾の思想界がカントを翻訳紹介していった歴史的文脈とその政治的意味、さらには相互的な影響関係を、各国の第一線の研究者たちが跡づける国際共同研究の成果。
目次
第1部 日本における翻訳・受容史(幕末から第二次世界大戦敗戦まで
第二次世界大戦敗戦後から21世紀まで)
第2部 中国・香港・台湾における翻訳・受容史(中国におけるカント研究―1949年まで
中国大陸のカント研究―1949年以降
戦後台湾のカント研究)
第3部 韓国における翻訳・受容史(韓国におけるカント哲学研究の由縁と展開
韓国におけるカントと東洋哲学の比較研究)
カント哲学の影響作用史の現状と課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 東アジアのカント哲学 日韓中台における影響作用史
  • 東アジアのカント哲学 日韓中台における影響作用史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中