ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ピエール・ベール関連資料集 2〔上〕 寛容論争集成 上

  • ピエール・ベール関連資料集 2〔上〕 寛容論争集成 上

ピエール・ベール関連資料集 2〔上〕 寛容論争集成 上

  • 野沢協/編訳 野沢 協
    1930年鎌倉市に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学教授、駒沢大学教授を務める。主な訳書:P.アザール『ヨーロッパ精神の危機』(第9回クローデル賞)、A.リシュタンベルジェ『十八世紀社会主義』(第19回日本翻訳文化賞)、『ピエール・ベール著作集全8巻・補巻1』(全巻個人訳、第2回日仏翻訳文学賞・第34回日本翻訳文化賞)など

  • 巻の書名
    寛容論争集成 上
  • ISBN
    978-4-588-12029-9
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

25,000 (税込:27,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • キリスト教新旧諸派間の熾烈な争いに見舞われた十七世紀後半、寛容をめぐってベールの周囲で闘わされた政治的・神学的論争のうち、代表的な著作を精選。上巻には、デュイソー、オーベール・ド・ヴェルセ、バナージュ・ド・ボーヴァル、パパン、ル・セーヌ、ジュリュー、ユエの諸論考を収録。近世ヨーロッパ世界の世俗化の背景をなす、信仰と暴力、異端と自由をめぐる思想のドキュメント。上下2分冊。
目次
キリスト教の合同、または、ただひとつの信仰告白のもとにすべてのキリスト教徒を再統合する方法(一六七〇年)(イザーク・デュイソー)
平和的プロテスタント、または教会平和論(一六八四年)(ノエル・オーベール・ド・ヴェルセ)
宗教の寛容(一六八四年)(アンリ・バナージュ・ド・ボーヴァル)
信仰を真の原理に還元し、正しい限界内に収む(一六八七年)(イザーク・パパン)
種々の宗教問題に関する対話、意見を異にするキリスト教徒が互いにすべき寛容を示す―抄(一六八七年)(シャルル・ル・セーヌ)
良心の自由、または、民の宗教に対する主権者の権威について(ノエル・オーベール・ド・ヴェルセ)
良心と君主という宗教問題における二つの主権者の権利について(ピエール・ジュリュー)
スイスからオランダへの手紙(一六九〇年)(ジェデオン・ユエ)
真の寛容論者のための弁明(一六九〇年)(ジェデオン・ユエ)
寛容論者の弁明者のための弁明(一六九〇年)(ジェデオン・ユエ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • ピエール・ベール関連資料集 2〔上〕 寛容論争集成 上
  • ピエール・ベール関連資料集 2〔上〕 寛容論争集成 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中