ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 問いと答え ハイデガーについて

  • 問いと答え ハイデガーについて

問いと答え ハイデガーについて

  • ギュンター・フィガール/〔著〕 齋藤元紀/監訳 陶久明日香/監訳 関口浩/監訳 渡辺和典/監訳 フィガール,ギュンター(Figal,G¨unter)
    1949年生。フライブルク大学教授。ハイデルベルク大学で哲学・独文学を学び、ガダマー、トイニッセン、ヘンリッヒなどの指導を受ける。76年にハイデルベルク大学にてアドルノ論で博士号取得、87年にはハイデガー論で教授資格取得。89年にチュービンゲン大学哲学教授、01年以降はフライブルク大学哲学教授。03年から15年までハイデガー協会会長。フンボルト大学、関西学院大学、ローマ・ラ・サピエンツァ大学、オーフス大学などでも客員教授を務める

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1071
  • ページ数
    317,31,8p
  • ISBN
    978-4-588-01071-2
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ドイツのハイデガー協会会長を長らく務め、現象学・解釈学研究の泰斗として知られる著者による、哲学者との「開かれた対決」を示す論集。ハイデガーの肖像論に始まり、フッサールとの対立および緊張関係、アリストテレスやプラトン、ニーチェやユンガーとの思想的対決など数々の主要テーマを論じた、15篇の論考ほかを収録。存在の思考、出来事としての哲学のさらなる理解のために最適の書。
目次
肖像(オットー・ディクス、マルティン・ハイデガーを素描する
仮面―ハンス・ヴィンマー、マルティン・ハイデガーを素描する
フッサールとハイデガー)
論文(ハイデガーと現象学
アリストテレス主義者としてのハイデガー
自己についての気遣い、存在、現象性―ハイデガー『存在と時間』の体系性について
ロゴスを伴う能力―アリストテレス的な文脈におけるハイデガーの言語哲学
対話術を前にしての畏れ―『ソピステス』講義(一九二四/二五年冬学期)におけるハイデガーのプラトン解釈について
宗教的経験の現象学 ほか)

商品詳細情報

サイズ 20cm
原題 原タイトル:ZU HEIDEGGER
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ドイツのハイデガー協会会長を長らく務め、現象学・解釈学研究の泰斗として知られる著者による、哲学者との「開かれた対決」を示す論集。ハイデガーの肖像論に始まり、フッサールとの対立および緊張関係、アリストテレスやプラトン、ニーチェやユンガーとの思想的対決など数々の主要テーマを論じた、15篇の論考ほかを収録。存在の思考、出来事としての哲学のさらなる理解のために最適の書。

ページの先頭へ

閉じる

  • 問いと答え ハイデガーについて
  • 問いと答え ハイデガーについて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中