ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 私たちのなかの私 承認論研究

  • 私たちのなかの私 承認論研究

私たちのなかの私 承認論研究

  • アクセル・ホネット/著 日暮雅夫/訳 三崎和志/訳 出口剛司/訳 庄司信/訳 宮本真也/訳 ホネット,アクセル(Honneth,Axel)
    1949年ドイツのエッセンで生まれる。1983年にベルリン自由大学で哲学の博士号を取得。現在はゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン哲学・歴史学科教授。フランクフルト社会研究所所長、コロンビア大学哲学科教授、国際ヘーゲル学会会長を務める。フランクフルト学派第三世代の代表的存在

    日暮 雅夫
    1958年生まれ。立命館大学産業社会学部教授。社会哲学

    三崎 和志
    1963年生まれ。東京慈恵会医科大学医学部教授。哲学

    出口 剛司
    1969年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科准教授。理論社会学、社会学史

    庄司 信
    1958年生まれ。日本赤十字秋田看護大学非常勤講師。社会哲学・社会学

    宮本 真也
    1968年生まれ。明治大学情報コミュニケーション学部准教授。社会哲学、社会理論

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1056
  • ISBN
    978-4-588-01056-9
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 正義論、権力論、社会学、精神分析といった様々な分野を批判的に検証し、ヘーゲル現象学・法哲学における自己意識と自由、ロールズらの正義概念とリベラリズム、資本主義における自己実現と労働問題、道徳と権力の関係、国際関係における国家の問題、さらには、愛する人の死に直面する困難まで、承認論をアクチュアルな問題に対峙させ、議論の射程を新たに拡張する。
目次
第1部 ヘーゲル的根源(欲望から承認へ―ヘーゲルの自己意識の基礎づけ
実現された自由の国―ヘーゲル『法哲学』の構想)
第2部 体系的帰結(正義の織物―現代における手続き主義の限界について
労働と承認―新たな理論的規定の試み
イデオロギーとしての承認―道徳と権力の関連について
社会的なものの液状化
社会研究としての哲学―デイヴィッド・ミラーの正義論によせて)
第3部 社会理論的適用(国家間の承認―国家間関係の道徳的基盤
組織化された自己実現―個人化のパラドクス
資本主義的近代化のパラドクス―研究のためのプログラム(マーテイン・ハルトマンとの共著))
第4部 精神分析的拡張(否定性の仕事―精神分析の承認論的修正
私たちのなかの私―集団の駆動力としての承認
前社会的自己の諸相―ジョエル・ホワイトブックへの反論
現実が力を失うとき―慰めの世俗的形態)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:DAS ICH IM WIR
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 私たちのなかの私 承認論研究
  • 私たちのなかの私 承認論研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中