ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 熱のない人間 治癒せざるものの治療のために

  • 熱のない人間 治癒せざるものの治療のために

熱のない人間 治癒せざるものの治療のために

  • クレール・マラン/著 鈴木智之/訳 マラン,クレール(Marin,Claire)
    1974年、パリに生まれる。2003年にパリ第四大学(ソルボンヌ)で哲学の博士号を取得。現在は「現代フランス哲学研究国際センター」のメンバーを務めるとともに、高校の教員として哲学を教える。自らが多発性の関節炎をともなう自己免疫疾患に苦しめられ、厳しい治療生活を送ってきた患者(当事者)でもあり、その経験を起点として、「病い」と「医療」に関する哲学的な省察へと歩みを進め、精力的な著作活動を続けている

    鈴木 智之
    1962年生まれ。法政大学社会学部教授

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1036
  • ISBN
    978-4-588-01036-1
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 治癒をもたらすことなく治療することは可能か。治療の目的は病いの治癒であり健康の回復だが、治療は必ずしも治癒をもたらさない。多発性の関節炎を伴う自己免疫疾患に苦しむ自身の体験から書かれた本書は、現代の医療がその中心的目標とする「治癒」の概念、その基底にある「健康」観、「生命」観を問い直す。治療の技術が、病む人の生に寄り添うものとなるための、新たな哲学が誕生する。
目次
治癒をもたらすことなく治療することは可能か
第1部 社会を治癒させる、新しいユートピア(病いなき人間
完璧な健康、不可能な健康
治療の領域の拡張)
第2部 治療することと苦しめること、治癒をもたらすことなく治療すること(治療の中の暴力
苦しむ治療者たち
治癒をもたらすことなく治療すること)
結論 人々はますます病んでいるのだろうか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:L’HOMME SANS FIEVRE
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 熱のない人間 治癒せざるものの治療のために
  • 熱のない人間 治癒せざるものの治療のために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中