ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フランスという坩堝 一九世紀から二〇世紀の移民史

  • フランスという坩堝 一九世紀から二〇世紀の移民史

フランスという坩堝 一九世紀から二〇世紀の移民史

  • ジェラール・ノワリエル/〔著〕 大中一彌/訳 川崎亜紀子/訳 太田悠介/訳 ノワリエル,ジェラール(Noiriel,G´erard)
    1950年フランス、ナンシー生まれ。社会科学高等研究院教授、専門は国民国家および移民現象の社会史。比較的貧しい家庭の出で、中学校教師としてロレーヌ地方の町ロンウィに赴任、鉄鋼労働者の運動に参加するなかで移民の重要性を見出す。製鉄所閉鎖反対闘争が組織されると、労働総同盟が設立したいわゆる自由ラジオ「ロンウィ・クール・ダシエ」に参加し、1984年には博士論文を元に書いた『ロンウィ、移民とプロレタリア』(フランス大学出版)を公刊

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1032
  • ISBN
    978-4-588-01032-3
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,280

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人権と平等の国フランスで、「移民」という現象は歴史的にどのように出現し、推移し、語られてきたか。国民国家の記憶と歴史記述のなかで長らく無視されてきた存在に光をあて、1988年の初版刊行以来、移民・外国人差別、脱植民地化の問題を論じる際の必須文献となった古典的研究。アナール派歴史学そのもののラディカルな認識論的問い直しから始まる、もう一つの「記憶」の歴史。
目次
第1章 記憶の場ならざるもの
第2章 カードと法典
第3章 根こぎにされた人びと
第4章 「フランスよ、おまえは私の根を傷つけた」
第5章 三つの危機
第6章 フランスの再構築
結論 フランス革命二百周年祭にあたっての小論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:LE CREUSET FRANCAIS
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • フランスという坩堝 一九世紀から二〇世紀の移民史
  • フランスという坩堝 一九世紀から二〇世紀の移民史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中