ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 目に見えるものの署名 ジェイムソン映画論

  • 目に見えるものの署名 ジェイムソン映画論

目に見えるものの署名 ジェイムソン映画論

  • フレドリック・ジェイムソン/著 椎名美智/訳 武田ちあき/訳 末廣幹/訳 ジェイムソン,フレドリック(Jameson,Fredric)
    1934年生まれ。アメリカのイェール大学で博士号取得後、ハーバード大学、イェール大学、カリフォルニア大学をへて、現在デューク大学のウィリアム・A.レインJr.記念講座教授で批評理論研究所所長。1970年以降のマルクス主義文芸批評を牽引してきたアメリカを代表する批評家で、早くからヨーロッパの思想や文学理論の重要性を説き、モダニズム論、ポストモダニズム論を展開してきた。分析の対象は文学作品に留まらず、文化、映画、モダン・アート、建築、空間など、幅広い視野をもつ

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1027
  • ISBN
    978-4-588-01027-9
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:6,050

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あらゆる映画はポルノグラフィである―「見る」という行為を通して世界が所有される今日、映画は世界を容赦なく裸体にする。そこで繰り広げられる権力と欲望をめぐる闘争は、われわれをどこに導いていくのか?ポストモダンを代表する論客が放つ「映像の存在論」をなす渾身の論考群!
目次
第1章 大衆文化における物象化とユートピア
第2章 現代の大衆文化にみられる階級とアレゴリー―政治映画としての『狼たちの午後』
第3章 『ディーバ』とフランス社会主義
第4章 「破壊的要素に没入せよ」―ハンス=ユルゲン・ジーバーベルクと文化革命
第5章 『シャイニング』の語りと歴史主義
第6章 アレゴリーで読むヒッチコック
第7章 映画の魔術的リアリズム
第8章 イタリアの実存

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:SIGNATURES OF THE VISIBLE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 目に見えるものの署名 ジェイムソン映画論
  • 目に見えるものの署名 ジェイムソン映画論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中