ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人間の尊厳と人格の自律 生命科学と民主主義的価値

  • 人間の尊厳と人格の自律 生命科学と民主主義的価値

人間の尊厳と人格の自律 生命科学と民主主義的価値

  • ミヒャエル・クヴァンテ/著 加藤泰史/監訳 小谷英生/訳 瀬川真吾/訳 高木駿/訳 高畑祐人/訳 辻麻衣子/訳 徳地真弥/訳 中澤武/訳 中島新/訳 中村美智太郎/訳 馬? クヴァンテ,ミヒャエル(Quante,Michael)
    1962年生まれ。82年から89年にかけてベルリン自由大学とミュンスター大学で哲学とドイツ文学を学び、92年にはミュンスター大学のジープのもとでHegels Begriff der Handlung(『ヘーゲルの行為概念』)によって哲学博士号を取得。その後、2001年にPersonales Leben und menschlicher Tod(『人格の生と人間の死』)で教授資格を取得。04年にドュイスブルク‐エッセン大学実践哲学講座教授、05年からケルン大学実践哲学・近現代哲学講座正教授(07年から09年まではケルン大学生命科学倫理研究所所長)を務めたのち、09年からミュンスター大学実践哲学講座正教授

    加藤 泰史
    1956年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科教授

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1024
  • ページ数
    318,26p
  • ISBN
    978-4-588-01024-8
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 何が生と死を決めるのか。人間尊厳とQOL評価、生殖医療、遺伝子診断、着床前診断と幹細胞研究、クローンと人格、医療情報の開示/拒否、インフォームド・コンセントの是非、自己決定による死の権利、そして臨死介助…。生命医療倫理学の最前線では、いま何が起きているのか。
目次
生命科学と民主主義的価値
第1部 人間の尊厳(人間の尊厳とQOL評価との両立不可能性に反対して
着床前診断と幹細胞研究
政治的か倫理的か?―国家倫理評議会の着床前診断意見書に対する批判)
第2部 人格(生命科学と人格概念
クローニングと人格の同一性
自己‐操作?)
第3部 自律(情報を受けての同意・情報を受けての拒絶・情報の拒絶
臨死介助
延長された自律)
展望 多元主義的社会における人間の尊厳と人格の自律

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 人間の尊厳と人格の自律 生命科学と民主主義的価値
  • 人間の尊厳と人格の自律 生命科学と民主主義的価値

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中