ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヘーゲルの実践哲学 人倫としての理性的行為者性

  • ヘーゲルの実践哲学 人倫としての理性的行為者性

ヘーゲルの実践哲学 人倫としての理性的行為者性

  • ロバート・B・ピピン/〔著〕 星野勉/監訳 大橋基/訳 大藪敏宏/訳 小井沼広嗣/訳 ピピン,ロバート・B.(Pippin,Robert B.)
    1948年、アメリカのバージニア州ポーツマス生まれ。現在、シカゴ大学の大学院社会思想研究科、哲学研究科、カレッジの特別教授。主要な研究領域は、近現代のドイツ哲学であり、カント、ヘーゲルのドイツ観念論から、ニーチェ、19世紀および20世紀ヨーロッパ哲学、フランクフルト学派の批判理論に及ぶ。特にそのヘーゲル論は、現在のアメリカのヘーゲル哲学研究の隆盛をもたらすきっかけとなった。また文学研究、美学芸術研究、映画理論でも旺盛な研究活動を行っている

    星野 勉
    1948年生まれ。法政大学文学部教授。哲学・倫理学

    大橋 基
    1965年生まれ。法政大学社会学部兼任講師。倫理学

    大薮 敏宏
    1959年生まれ。富山国際大学子ども育成学部准教授。哲学・倫理学

    小井沼 広嗣
    1979年生まれ。法政大学文学部兼任講師。哲学・倫理学

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 991
  • ISBN
    978-4-588-00991-4
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,720

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 精緻なテクスト読解によりヘーゲル実践哲学のアクチュアリティを提示し行為者性や自由という現代実践哲学の最も重要な問題に答える。
目次
第1部 精神(前置き―自由な生活を送る
自然と精神(心)―ヘーゲルの両立論
自分自身に法則を与えることについて
自由の現実化)
第2部 自由(意志の自由―心理的次元
意志の自由―社会的次元)
第3部 社会性(ヘーゲルにおける社会性―承認された地位
承認と政治
制度の理性性
結論)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:HEGEL’S PRACTICAL PHILOSOPHY
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ヘーゲルの実践哲学 人倫としての理性的行為者性
  • ヘーゲルの実践哲学 人倫としての理性的行為者性

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中