ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アカデミック・キャピタリズムとニュー・エコノミー 市場,国家,高等教育

  • アカデミック・キャピタリズムとニュー・エコノミー 市場,国家,高等教育

アカデミック・キャピタリズムとニュー・エコノミー 市場,国家,高等教育

  • S.スローター/〔著〕 G.ローズ/〔著〕 成定薫/監訳 阿曽沼明裕/訳 杉本和弘/訳 羽田貴史/訳 福留東土/訳 スローター,シェイラ(Slaughter,Sheila)
    ウィスコンシン大学で学位取得。アリゾナ大学教授。その後、ジョージア大学に「マクビー寄附高等教育講座」の初代教授として迎えられ、現在に至る

    ローズ,ゲイリー(Rhoades,Gary)
    カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で学位取得。現在、アリゾナ大学教授(高等教育論)、同大学高等教育研究センター長

    成定 薫
    1946年、兵庫県に生まれる。東京大学大学院理学系研究科中退。広島大学名誉教授(科学史・科学論)

    阿曽沼 明裕
    1965年、広島県に生まれる。広島大学大学院社会科学研究科中退。博士(学術)。名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授(高等教育論・科学論)

    杉本 和弘
    1968年、三重県に生まれる。名古屋大学大学院教育学研究科単位取得退学。博士(教育学)。東北大学准教授(比較教育学・高等教育論)

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 985
  • ISBN
    978-4-588-00985-3
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,800 (税込:7,480

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大学はアメリカに学ぶべきか?アメリカの大学を対象に、1980年代以降現在にいたるアカデミック・キャピタリズムの政治的背景をさぐり、学科および執行部レベルにおけるその現状と権力のネットワーク、特許や著作権の帰属を徹底的に調査して批判的に分析・検討する。
目次
第1章 アカデミック・キャピタリズムの理論
第2章 アカデミック・キャピタリズムの政治的背景
第3章 特許政策―法律の変化と商業的拡張
第4章 特許政策の影響―学生と教員
第5章 著作権―大学の政策と実践
第6章 著作権の影響―大学の中心的機能の商品化
第7章 学科レベルのアカデミック・キャピタリズム
第8章 大学執行部のアカデミック・キャピタリズム
第9章 権力のネットワーク―理事会と学長
第10章 スポーツ―契約、商標、ロゴ
第11章 学士課程学生と教育市場
第12章 アカデミック・キャピタリズム的な知と学問の体制

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:ACADEMIC CAPITALISM and the NEW ECONOMY
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アカデミック・キャピタリズムとニュー・エコノミー 市場,国家,高等教育
  • アカデミック・キャピタリズムとニュー・エコノミー 市場,国家,高等教育

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中