ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会構造とゼマンティク 3

  • 社会構造とゼマンティク 3

社会構造とゼマンティク 3

  • ニクラス・ルーマン/〔著〕 高橋徹/訳 赤堀三郎/訳 阿南衆大/訳 徳安彰/訳 福井康太/訳 三谷武司/訳 ルーマン,ニクラス(Luhmann,Niklas)
    1927年ドイツのリューネブルクに生まれる。1968‐1993年ビーレフェルト大学社会学部教授。1970年代初頭にはハーバーマスとの論争により名を高め、80年代以降「オートポイエーシス」概念を軸とし、ドイツ・ロマン派の知的遺産やポスト構造主義なども視野に収めつつ、新たな社会システム理論の構築を試みた。1990年前後よりこの理論を用いて現代社会を形成する諸機能システムの分析を試み、その対象は経済、法、政治、宗教、科学、芸術、教育、社会運動、家族などにまで及んだ。1998年没

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 963
  • ISBN
    978-4-588-00963-1
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,400 (税込:7,040

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ヨーロッパ社会では、機能分化への移行は歴史的にいかになされたのか。
目次
第1章 はじめに不法なかりき
第2章 伝統的支配から近代的政治への移行における国家と国家理性
第3章 個人・個性・個人主義
第4章 宗教の分出
第5章 道徳の反省理論としての倫理学

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:GESELLSCHAFTSSTRUKTUR UND SEMANTIK
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会構造とゼマンティク 3
  • 社会構造とゼマンティク 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中