ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ムージル伝記 1

  • ムージル伝記 1

ムージル伝記 1

  • カール・コリーノ/著 早坂七緒/〔ほか〕訳 コリーノ,カール(Corino,Karl)
    1942‐。ハイエルン州北部に農場主、音楽家の息子として生まれる。エアランゲン大学およびテュービンゲン大学でドイツ語ドイツ文学、古典文献学、哲学を研究。1969年テュービンゲン大学のバイスナー教授のもと、ローベルト・ムージルの『合一』についての論文により博士号取得。ヘッセン放送局文化部に入社し、1985年から文化部長。その後フリーの著述家としてテュービンゲンに在住。ピサ、セントルイス、エッセンにおいて客員教授、ベルリン学士院フェロー、I.バッハマン賞審査委員など。ムージルの伝記的研究の第一人者

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 914
  • ISBN
    978-4-588-00914-3
  • 発売日
    2009年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,500 (税込:8,250

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「真正さという悲劇」の生涯を、ムージル研究の第一人者が再現する。
目次
「まるで子供のうちに全部決まってしまったかのようだ」―幼少年期
家族の発見―先祖と親戚(付論)
悪魔の尻の穴で―寄宿生時代
ベルヴェデーレのアポロ対タービン発電機―工科大学生 ブリュン時代一八九八年~一九〇二年
「シュトゥットガルトはなじめず、親しめなかった」―工学実験室の無給助手
反転と反転像―ベルリンで哲学を学ぶ
気取り屋にして「カトリック的人間」―ヨハネス・フォン・アレシュ
魂の新たな段階―『生徒テルレスの混乱』
「幸福になる才能がない」―グリーヴィシュ嬢、ヘルタ、アンナ、そしてヘルマ
悲喜劇の光景―グストゥルとアリースと二人の魂の師ルートヴィヒ・クラーゲス〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Robert Musil
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ユートピアを追求しながらも志なかばにして斃れた「真正さという悲劇」の生涯を、ムージル研究の第一人者が克明に再現する。本巻は、若きムージルの読書、彼が触れた思想の内容にまで立ち入り、当時の医療水準や軍隊組織の実態にもおよぶ。たんなる伝記を超えて、20世紀という人間に潜む可能性発現の時代、未曾有の残虐と繁茂する思想の時代を「魂と厳密性」の作家62年の生涯を通して描く。

ページの先頭へ

閉じる

  • ムージル伝記 1
  • ムージル伝記 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中