ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 受肉 〈肉〉の哲学

  • 受肉 〈肉〉の哲学

受肉 〈肉〉の哲学

  • ミシェル・アンリ/著 中敬夫/訳 アンリ,ミシェル(Henry,Michel)
    1922年、旧仏領インドシナのハイフォンに生まれる。7歳のときフランスに帰国し、アンリ四世校に通う。1945年、哲学教授資格を取得し、リセで教鞭を取るかたわら国家博士論文を書く。1978年に退官するまで、ポール・ヴァレリー大学(モンペリエ第三大学)哲学教授、小説家としても知られ、ルノド賞受賞作を含む3冊をガリマール書店から出版している。戦時中、強制労働局へ徴発されたが、ドイツ行きを拒んで地下に潜行。この「地下潜行」体験はアンリ哲学に決定的な影響を及ぼし、独自の「生の哲学」形成の契機となる

    中 敬夫(ナカ ユキオ)
    1955年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程学修退学。フランス政府給費留学生としてフランスへ留学。ボルドー第三大学博士課程を経てパリ第四(ソルボンヌ)大学博士課程修了(博士号取得)。京都大学文学部(哲学)研究員を経て、愛知県立芸術大学美術学部准教授

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 868
  • ISBN
    978-4-588-00868-9
  • 発売日
    2007年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,000 (税込:6,600

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フッサール,ハイデガーの歴史的現象学と神学の彼方に〈受肉〉を人間についての超越論的真理として捉え直し,存在の現象学から〈生〉の現象学への転回をはかる。
目次
序論 受肉の問い
第1部 現象学の逆転(現象学の対象―「現れること」についての問い
現象学の現象学的諸前提の初次的未規定性。「現象学の諸原理」
現象学の諸前提の隠れたる先入見。あらゆる「現れること」を世界の現れることへと破滅的に還元してしまうこと ほか)
第2部 肉の現象学(世界の現れることと内容―「感性的世界」についての問い
感性的世界のラディカルな批判。ガリレイ的還元の射程ならびに諸限界
デカルトの反‐還元 ほか)
第3部 「受肉」の現象学―キリスト教の意味での救済(現象学の逆転と肉についての現象学的分析との終局において獲得された諸成果の約説
「受肉」の現象学における「われ能う」の問い
「われ能う」の錯覚と実在性 ほか)
結論 現象学と神学の彼方に―ヨハネの「元‐知解性」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Incarnation
対象年齢 一般

商品のおすすめ

キリスト教の〈受肉〉の思想を人間についての超越論的真理として捉え直し、世界や存在の現象学から〈生〉の現象学への転回をはかる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 受肉 〈肉〉の哲学
  • 受肉 〈肉〉の哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中