ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 神は狂信的か 現代の悪についての省察

  • 神は狂信的か 現代の悪についての省察

神は狂信的か 現代の悪についての省察

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 688
  • ISBN
    978-4-588-00688-3
  • 発売日
    2000年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ20世紀はかくも大量殺りくの時代になったのか。あたかも神が狂信者を生み出したかのように進む歴史を分析し,人間と悪の問題を無信仰の立場から問う省察録。
目次
第1章 信仰なき者の中の最も敬虔な者
第2章 コルドバからマジョルカへ
第3章 伝統の策略と巻き返し
第4章 ジッド、アンティゴネと絶対の誘惑
第5章 “神”に選ばれることの恍惚と苦役
第6章 ムルソー、ムイシュキンと無垢の強迫観念
第7章 プロメテウス幻想の終わり
第8章 問いかけと聖なるもののあいだで

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Dieu est‐il fanatique?
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 神は狂信的か 現代の悪についての省察
  • 神は狂信的か 現代の悪についての省察

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中