ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「乳酸発酵漬け」の作りおき

  • 「乳酸発酵漬け」の作りおき

「乳酸発酵漬け」の作りおき

  • 荻野恭子/著 荻野 恭子
    東京生まれ。料理研究家、栄養士。女子栄養短期大学卒。(旧)恵比寿中国料理学院で師範の免許修得。各種の料理学校で世界の料理を学ぶ。1974年からはロシアをはじめ、イラン、トルコ、中国、韓国など、50か国以上を訪れ、現地の家庭で料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。TVの料理番組や雑誌で活躍

  • ページ数
    79p
  • ISBN
    978-4-579-21301-6
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 野菜、乾物、果実、肉・魚から、米みそ、豆みそ、中国の発酵調味料まで。

    「乳酸発酵漬け」は塩水に野菜、乾物、果実などを漬けるだけで、簡単に作ることができます。
    数日おくうちに乳酸発酵して、特有のおいしさが生まれます。
    保存が効いて、そのまま食べておいしいですし、サラダやあえ物、煮物、炒め物、スープなどに
    アレンジができるので、調理時間が短縮されて、毎日の食事作りが楽になります。
    本書では「乳酸発酵漬け」の応用として、以下の内容も掲載しています。

    ●ぬか漬け
    ●米みそ、豆みそ *豆みそは桜みそ、甜麺?などにアレンジできます
    ●中国の発酵調味料である、泡椒?、辣椒?、豆板辣?

    泡椒?、辣椒?は赤とうがらしを塩水に漬けて乳酸発酵させた中国・四川の調味料です。
    炒め物や煮物に少し加えるだけで、本格的な味が楽しめます。
    麻婆豆腐に欠かせない豆板辣?は、「そら豆と赤とうがらしのみそ」のこと。そら豆の季節が
    仕込み時です。ぜひ、本物の味を作り、味わってみてください。

    腸は健康の要(かなめ)といわれていますが、腸の働きを左右するのが腸内細菌です。
    体に有益な働きをする善玉菌の代表である乳酸菌には、食べ物の消化吸収をよくし、腸の働きを
    活性化し、さらにビタミンを合成するなどの働きがあるそうです。
    ぜひ、「乳酸発酵漬け」を毎日とって腸内の善玉菌を増やし、便秘解消や免疫力アップを促して
    みてはいかがでしょうか。


    腸内環境を整えてくれる「乳酸発酵漬け」は、塩水に入れるだけで、野菜なら冷蔵庫で半月の保存ができ、そのまま食べても、料理にアレンジしても美味な優れもの。
    豆板辣醤などの発酵調味料もご紹介。
    (「近刊情報」より)
目次
乳酸発酵漬け(野菜を漬ける
乾物を漬ける
果実を漬ける
肉、魚を漬ける)
発酵調味料(みそを仕込む
赤とうがらしを漬ける)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「乳酸発酵漬け」の作りおき
  • 「乳酸発酵漬け」の作りおき

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中