ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 絵封筒をおくろう

  • 絵封筒をおくろう

絵封筒をおくろう

  • きたむらさとし/〔編〕著 松田素子/〔編〕著 きたむら さとし(キタムラ サトシ)
    1956年東京生れ。アンデルセン・プレスのクラウス・フルーガーとの出会いで実現したデビュー作『ぼくはおこった』(ハーウィン・オラム/文 評論社)でイギリスの新人絵本画家に与えられるマザーグース賞を受賞。以来イギリスを拠点に、絵本作家、イラストレーターとして活躍。『ふつうに学校にいくふつうの日』(コリン・マクノートン/文 柴田元幸/訳 日本絵本賞翻訳絵本賞)、など著書多数。翻訳もてがける。近年は抽象画や立体作品にも挑んでいる

    松田 素子(マツダ モトコ)
    1955年山口県生れ。児童図書出版社の偕成社に入社。雑誌「MOE」の創刊に携わり、同誌の編集長を務めた後、フリーの編集者に。絵本を中心とした企画・編集・創作のほか、翻訳もてがけている

  • ページ数
    83p
  • ISBN
    978-4-579-21023-7
  • 発売日
    2007年12月

1,700 (税込:1,836

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • たったひとりのだれかを喜ばせるために作られる、たった一枚の封筒。限られたスペースの中に、切手を貼り、宛名も書く。その上で作るのが絵封筒です。小さな制約はかえって人を自由にし、工夫する楽しさを引き出してくれます。それはどこか俳句のようで、日本人の感性と響き合うのではないか―そんな絵封筒を紹介。
目次
絵封筒ギャラリー(きたむらさとしの絵封筒
デビッド・マッキーの絵封筒
絵本作家たちの絵封筒)
絵封筒をつくろう(切手であそぶ
宛名であそぶ
絵を描く
貼ってつくる
しかけをつくる
素材であそぶ
特別な日だから)
小さくても大きい絵封筒の波(インタビュー・内尾夕子
インタビュー・多田浩
海外の方も始めました
子どもたちも絵封筒を描きました!)
絵封筒便利帖(「送る」というより「贈る」と呼びたい
エッセイ・僕はイギリスで絵封筒に出会った
エッセイ・こんな時代だからこそ、絵封筒を描く
笑顔の力が「絵封筒」を広げていく)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20×21cm
対象年齢 一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

検索していて見つけた本なのですが、見ていくと絵封筒でこれだけ楽しめることにびっくり。単に封筒に絵を描くだけでなく、切手のデザインまで含めて一つの作品なんです。遊び心、送る相手も考えていくとますます楽しそう。プロの方から子どもさんまでいろいろな作品が集められていて、読んだ後、「こんな本あるよ」と周りに勧めたくなる本でもあります。(はなびやさん 50代・愛知県 男の子14歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 絵封筒をおくろう
  • 絵封筒をおくろう

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中