ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 十手婆文句あるかい 火焔太鼓

  • 十手婆文句あるかい 火焔太鼓

十手婆文句あるかい 火焔太鼓

  • 和久田正明/著 和久田 正明
    1945年静岡県生まれ。テレビ時代劇の脚本を数多く手がけた後、現在では時代小説の執筆に専念している

  • シリーズ名
    二見時代小説文庫 わ1-6
  • ページ数
    305p
  • ISBN
    978-4-576-18164-6
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 白髪丸髷に横櫛を挿す江戸っ子婆お鹿の意地と気風の弔い合戦! 形見の十手で悪行を暴く! 渾身の新シリーズ第1弾(「近刊情報」より)
  • ※発売日が変更になりました
    10月25日→10月30日

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

深川のうらぶれた木賃宿で、宿の主や使用人、三人の泊まり客のすべてが殺される惨劇があった。騒然とする奉行所だったが、目的も分からず下手人の目星もつかない。岡っ引きの駒蔵は、家族の皆と一緒に手分けして見えない下手人を追うが、逆に殺されてしまう。女房のお鹿は息子二人と共に、亭主の敵でもある下手人をどこまでも追うが…。江戸っ子婆の啖呵が悪を暴く!

ページの先頭へ

閉じる

  • 十手婆文句あるかい 火焔太鼓
  • 十手婆文句あるかい 火焔太鼓

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中