ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 誰も知らない死刑の舞台裏

  • 誰も知らない死刑の舞台裏

誰も知らない死刑の舞台裏

  • 近藤昭二/著 近藤 昭二
    1941年、名古屋市生まれ。ジャーナリスト、シナリオライター、NPO法人731部隊・細菌戦資料センター共同代表

  • シリーズ名
    二見レインボー文庫
  • ページ数
    292p
  • ISBN
    978-4-576-18155-4
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

660 (税込:713

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2018年7月、オウム真理教の元教祖・幹部13人全員の死刑が執行された―。世界では3分の2以上の国で死刑を廃止・停止しているが、私たち日本人は「人の命を奪う」刑に直接向き合わなければならない。日本では死刑判決はどう行われ、死刑囚はどんな生活をして死刑はどう執行されるのか。秘密録音された死刑告知から執行までの53時間も再録し、日本の死刑制度はどうあるべきかを考える。
目次
序章 謎だらけの「死刑」の真実に迫る(いま、なぜ、死刑が注目されるのか
秘密主義の日本とオープンなアメリカとの落差 ほか)
第1章 見せしめの残酷刑から人道的処刑へ(死刑の歴史は「おぞましい残酷刑」の歴史
絞首刑以外の現行の処刑法は? ほか)
第2章 日本の「死刑」も時代とともに変貌(文明開化につれて斬首刑から絞首刑へ
死刑に該当する罪種もこんなに変わった ほか)
第3章 「最期の日」までの死刑囚の日々(厚い壁に閉ざされた死刑囚の獄中生活
死刑か無期かに揺れる被告たち ほか)
第4章 死刑制度の危険な落とし穴(捏造された証拠ゆえに死刑判決を受けた男
無実の男に死刑判決を下した「自白調書」の恐怖 ほか)

商品詳細情報

サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 誰も知らない死刑の舞台裏
  • 誰も知らない死刑の舞台裏

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中