ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 影武者捜し

  • 影武者捜し

影武者捜し

  • 沖田正午/著 沖田 正午
    現さいたま市生まれ。「沖田節」ともいえる、人を見る目の暖かさと軽妙な筆づかいがファンを惹きつけている

  • シリーズ名
    二見時代小説文庫 お3-20 北町影同心 7
  • ISBN
    978-4-576-17196-8
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:712

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「江戸広しといえどこれほどの女はおるまい」と北町奉行を唸らせた同心の妻・音乃。奉行の影同心として悪を斬る!
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

北町奉行の影同心・音乃の甥、十一歳になる鉄太郎が行方不明になった。同日同時刻、年齢も身形も似た子供たちが他に二人、行方知れずになっていた。一方、奉行の勧めで、音乃は書院番士と見合いをするが、番士の従兄弟・船手奉行のもとに、海で助けられた「殿」と呼ばれる記憶喪失の少年がいることを知る。少年も甥たちと齢恰好が酷似。音乃は、子供たち失踪の闇を暴く!

ページの先頭へ

閉じる

  • 影武者捜し
  • 影武者捜し

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中