ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 怨-誰かに話したくなる怖い話

  • 怨-誰かに話したくなる怖い話

怨-誰かに話したくなる怖い話

  • シリーズ名
    二見レインボー文庫
  • ISBN
    978-4-576-16120-4
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

620 (税込:670

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ナムコ・ナンジャタウン恒例だった怖い話コンテストに全国から寄せられた膨大な数の霊体験談から、とびきり怖い話を厳選収録。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 とっておきの超怖い話(「こんな顔を見ないで」
深夜の山道に赤いTシャツの少年 ほか)
第2章 世にも奇妙な体験談(鍵穴の向こうの「赤」
邪悪なピエロ人形 ほか)
第3章 冥界から呼びかけるもの(「真っ白な顔」からの宣告
「こっくりさん」のお告げ ほか)
第4章 霊魂がうごめく恐怖のスポット(トイレの花子さんより怖い「東校舎の階段」
半分つぶれたような顔 ほか)
第5章 霊界からの訪問者(あーちゃんの歯形栗
水のなかから「おいで、おいで」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

天井から鮮血が雨のように降り注ぎ…「こんな顔を見ないで」。そのときおまえは死ぬんだよ…「絵のなかの七人が振り返ると」。赤いマニキュアの爪、そして大量の髪の毛…「弁当に腐った人を入れてしまって」。何気ない日常にこそ恐怖は潜み、いつも出番を待っている―。かつてナムコ・ナンジャタウン(現ナンジャタウン)に寄せられた、膨大な数の霊体験実話から、恐怖が止まらない54話を厳選収録。

ページの先頭へ

閉じる

  • 怨-誰かに話したくなる怖い話
  • 怨-誰かに話したくなる怖い話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中