ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 江戸前祝い膳

  • 江戸前祝い膳

江戸前祝い膳

  • 倉阪鬼一郎/著 倉阪 鬼一郎
    1960年、三重県伊賀市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。印刷会社勤務を経て1998年より専業作家。2008年「火盗改香坂主税影斬り」(双葉文庫)で時代小説家としてデビュー

  • シリーズ名
    二見時代小説文庫 く2-14 小料理のどか屋人情帖 14
  • ISBN
    978-4-576-15091-8
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:712

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 旅籠付きの小料理屋として再出発したのどか屋。今日ものどか屋に、さまざまな人々が訪れる!(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

刀を包丁に持ち替え江戸に出て料理人となった時吉とおちよの旅篭付き小料理のどか屋に、十四歳の娘を連れた両親が宿をとった。娘はけなげにも、兄の形見の絵筆を胸に、根岸に住む八十過ぎの老絵師の弟子になりたいと願う。同じ日、上州から来たという五人組の船大工が投宿した。ところがこの五人、なにやら素振りがいぶかしい。二組の“訳あり”の投宿者に何が起こるのか。

ページの先頭へ

閉じる

  • 江戸前祝い膳
  • 江戸前祝い膳

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中