ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぶっとび大名

  • ぶっとび大名

ぶっとび大名

  • 沖田正午/著 沖田 正午
    1949年、現さいたま市中央区生まれ。県立与野高校卒。軽妙洒脱で温かみのある、「沖田節」ともいえる独特な筆致がファンを魅了している

  • シリーズ名
    二見時代小説文庫 お3-11 殿さま商売人 2
  • ISBN
    978-4-576-14174-9
  • 発売日
    2015年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:712

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 下野三万石の型破りな殿が藩の経済危機を救うべく、驚天動地の新事業を推進!儲けの横取りと改易を狙う、大目付との戦いの行方は?(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

下野三万石鳥山藩の台所事情は、相変わらず火の車だった。藩主の小久保忠介は前の失敗にも挫けず、家臣の皆野千九郎とともに新しい賭け商売を考える。それは、特産の大和芋を使った「とろろ汁御膳」で、しかも、募った江戸中の加盟店に売らせる、元締め商売だった。儲けを横取りして鳥山藩つぶしを狙う老中と大目付の目論見を知った忠介は、敢然と戦いを挑むのだが…。

ページの先頭へ

閉じる

  • ぶっとび大名
  • ぶっとび大名

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中