ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不祥事を乗りこえる会社不祥事でつまずく会社 危機に克つPR戦略

  • 不祥事を乗りこえる会社不祥事でつまずく会社 危機に克つPR戦略

不祥事を乗りこえる会社不祥事でつまずく会社 危機に克つPR戦略

  • 矢島尚/著 矢島 尚(ヤジマ ヒサシ)
    1943年生まれ。1966年慶應義塾大学法学部法律学科卒。1966年PR会社入社。1968年PR会社退社。同時にフリーのPRマン、ライターとして独立。1970年株式会社プラップジャパン設立、代表取締役社長に就任。危機管理、ブランディング、マーケティングPR、コーポレートPRなど戦略的なPR活動を得意とする。これまで多くの企業不祥事のメディア対応やダメージ・コントロールについてのコンサルティング活動を実践してきている。また、M&A前後のコミュニケーション活動、インターナル・コミュニケーションに実績を残している。2005年ジャスダック証券取引所に上場。2007年11月より株式会社プラップジャパン取締役会長に就任。社団法人日本PR協会理事

  • ページ数
    193p
  • ISBN
    978-4-532-49017-1
  • 発売日
    2007年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 信頼の回復か、転落か―。その対応が会社の明日を左右する。コミュニケーションの動脈硬化が「不祥事の種」となる。「危機」を「転換点」にするクライシス・コミュニケーションをPRのプロが明かす。
目次
プロローグ 止まらない企業不祥事
第1章 危機を呼ぶ理念なき経営
第2章 危機に立ち向かうクライシス・コミュニケーション
第3章 企業を取り巻くリスクと危機対応
第4章 メッセージを明確に伝えるメディア・トレーニング
第5章 事例研究に学ぶ危機対応
第6章 風通しのよい会社作り

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

不祥事で傾く会社と乗り越える会社の違いとは。あなたの会社は危機を克服できるのか。PRの視点から会社の「不祥事体質」がわかる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 不祥事を乗りこえる会社不祥事でつまずく会社 危機に克つPR戦略
  • 不祥事を乗りこえる会社不祥事でつまずく会社 危機に克つPR戦略

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中