ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シナリオ分析 異次元緩和脱出 出口戦略のシミュレーション

  • シナリオ分析 異次元緩和脱出 出口戦略のシミュレーション

シナリオ分析 異次元緩和脱出 出口戦略のシミュレーション

  • 高田創/編著 高田 創
    みずほ総合研究所株式会社専務執行役員・チーフエコノミスト。1982年東京大学経済学部卒。1986年オックスフォード大学開発経済学修士課程修了。1982年日本興業銀行に入行し、2000~11年みずほ証券執行役員・チーフストラテジストなどを務める。11年7月より現職に着任。テレビ東京ワールドビジネステサライトレギュラーコメンテーター、政府税制調査会委員

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-532-35749-8
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 最悪の選択は現状維持。日銀の財務、国の財政、金融機関の収益―衝撃を最小限に抑える選択を、8つのシナリオと独自の試算で解明する。
目次
1 挑戦―黒田日銀の5年間は何だったのか
2 宿命―日銀の「3つの不都合な真実」
3 提言―日銀への「3つの提言」
4 出口―永遠に続くゼロのコスト・ベネフィット分析
5 日銀―永遠に続くゼロを避けるための出口スキーム
6 財政―出口で維持可能なのか
7 銀行―出口に向けて金融機関はどう対応するか
8 審判―「神の見えざる手」のコーディネーション

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2018年3月に任期を迎える黒田日銀総裁。出口戦略がどうなるかを国民が注視しているが、日銀には出口を困難化する「3つの不都合な真実」があり、永遠の超金融緩和を余儀なくされるリスクも存在する。
ここでいう「3つの不都合な真実」とは、(1)日銀の出口は米国が利下げになるまでの限られた猶予期間しかないこと、(2)日銀は金利ターゲットに転換することで長期の緩和維持を可能としたが、その反面で日銀自身の力による追加緩和は事実上困難であり、緩和の成否は米国経済状況次第であること、(3)マイナス金利とイールドカーブ・コントロールで市場に麻酔をかけているために日銀と市場の対話は困難であり、さらに麻酔は劇薬であるだけに金融システムに副作用が大きいこと、である。金融緩和を長期化すれば、出口における日銀の追加コスト負担も不可避だ。
本書は、日銀を中心にしつつ、政府・金融機関を含めた三位一体構造の視点から出口戦略を展望。出口戦略に関する様々なスキームを提示する。政策論のみならず、日銀のバランスシートの毀損、民間金融機関へのインパクトなど独自分析も交えて、金融政策の進むべき道を明らかにするので、金融実務家にとっても有意義な情報が得られる。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • シナリオ分析 異次元緩和脱出 出口戦略のシミュレーション
  • シナリオ分析 異次元緩和脱出 出口戦略のシミュレーション

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中