ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 円安待望論の罠

  • 円安待望論の罠

円安待望論の罠

  • 野口悠紀雄/著 野口 悠紀雄
    1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書に、『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞政治経済部門)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)など

  • ページ数
    278p
  • ISBN
    978-4-532-35684-2
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 円安政策は誤りだ!「投機の時代」は終わった!円高期のほうが成長率は高かった。円安は国益ではない。為替レートをめぐる「常識」の誤りを突く。
目次
第1章 円安の罠に捕らわれたアベノミクス
第2章 円安が国益との幻想を捨てよ
第3章 円安、住宅価格バブル、金融危機
第4章 リーマンショックとユーロ危機による円高
第5章 為替レートに関する基礎概念
第6章 為替レートの決定メカニズム
第7章 国際通貨制度の変遷
終章 アメリカ金融正常化と投機の時代の終了

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 円安待望論の罠
  • 円安待望論の罠

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中