ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

  • 記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

  • 板橋悟/著 板橋 悟(イタバシ サトル)
    インディペンデント・ビジネスプロデューサー。エクスアールコンサルティング株式会社代表取締役・CEO。エデュテインメント・ラボ代表。1963年東京都向島生まれ。東京工業大学理学部物理学科卒後、リクルートに入社。米国マサチューセッツ工科大学(MIT)に社費留学。帰国後、KIDS教育事業を立ち上げ、メディアファクトリーに事業部長として出向。子ども達が「絵」で直感的に“楽しく発想”する教育メソッドを研究。遊べる5カ国語百科事典CD‐ROM『ポムダピワールド』(メディアファクトリー)で、マルチメディアグランプリ海外優秀賞受賞。ゴッホの絵の中を歩き回れる3Dアートアドベンチャーゲーム『ミッション・ソレイユ』(同)で、仏カンヌ・ミリアドール特別賞受賞。2003年独立。現在はインディペンデント・ビジネスプロデューサーとして新商品・新規事業の開発支援、および右脳プラス左脳型プロデューサー人材の育成に従事している

  • ページ数
    189p
  • ISBN
    978-4-532-35368-1
  • 発売日
    2009年05月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ヒト、モノ、カネを図解でとらえるビジネス理解&発想法。仕事に役立つ記事をスッキリ理解し、キャリアをショートカットするには?日経新聞の読み方ひとつで、あなたの人生は劇的に変わります。

    【超カンタン! 日経新聞を「使って」知らず知らずのうちにビジネス基礎体力がつく】
    本書は日経新聞の「読み方」の本ではなく、「使い方」の本です。
    日経新聞を「情報メディア」としてではなく、「学習メディア」として活用するノウハウを大公開しました。
    ・できる社長の5つの教え
    ・1面2面は流し読み。じっくり読むのは企業面と消費面。
    ・5W1H視点ではなく3W1H視点で読む

    日経新聞はビジネス力をつけるドリルだ!―ヒト×モノ×カネを記事から拾い、その関係性をビジュアルに図解。そこから新しいビジネスのアイデアをどんどん生み出せるようになる。それが「記事トレ!」です。
目次
1章 できる社長の5つの教え
■入社7年目の新入社員
■「君、日経のどこ読んでるの?」
■ニュースペーパー≠ビジネスペーパー ほか

2章 日経新聞を「絵」にしたら、見えてきた!
■ビジネス「絵」会話との出会い
■MITでも通用した、ビジネス「絵」会話
■図解ルールの必要性 ほか

3章 「ヒト×モノ×カネ視点」でビジネスを整理する
■ビジネスとは「交換」である
■物々交換の時代、「お金」の誕生、そして「会社」の出現へ ほか

4章 「ビジュアル思考力」とは何か?
■「ロジカルシンキング」と「ビジュアル思考力」
■難解な数式を「絵」で解いた天才物理学者 ほか

5章 ビジュアルで理解(Fact)する―リーディングレベル1
■まず3W1Hを拾いだそう
  例題1「ニチイ学館 教育事業を拡大」(初級編) ほか

6章 ビジュアルで会話(Opinion)する―リーディングレベル2
■Factの交換ではなく、Opinionを持って「会話」する
■手を動かさなければ、会話のタネは蓄積されない
  例題3「ニチイ学館 教育事業を拡大」(上級編) ほか

7章 ビジュアルで発想(Idea)する―リーディングレベル3
■新たなビジネスモデルを発想する方法
■「ヒト・モノ・カネ」軸でずらす ほか

8章 「記事トレ!」でビジネス頭を鍛える
■「情報メディア」ではなく、「学習メディア」として日経を読む
■「無料」「事業提携」「新規参入」「業界初」に注目! ほか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日経新聞はビジネス力をつけるドリルだ! ヒト×モノ×カネを記事から拾い、その関係性をビジュアルに図解。
そこから新しいビジネスのアイデアをどんどん生み出せるようになる。それが「記事トレ!」です。本書は、日経新聞をどう「使って」いいのかわからないという就活生や新入・若手ビジネスパーソンなどを対象に、記事の読み方と新しいビジネスの発想法を解説します。このメソッドで記事をドリル問題のようにトレーニングすることで、どんどんビジネス基礎体力がつきます。

■「ヒト」「モノ」「カネ」を押さえるだけのカンタンなトレーニング
日経新聞の記事からヒト・モノ・カネという視点でキーワードを拾い読み、その関係性を「ピクト図解」で描いた「ビジネスダイアグラム(図表)」にまとめることで、ビジネスのしくみを要領よく理解することができます。従来の5W1H視点ではなく、誰が(Who)、誰に(Whom)、何を(What)、いくらで(How much)という「3W1H視点」で読むことがポイントです。
「ヒト×モノ×カネ」リーディング法は、1、身近なビジネス記事を選ぶ 2、ヒト・モノ・カネに印をつけ、3、3W1Hシートに記入、4、ペアで考えて関係性を見つける――というカンタンな手順で記事を「ビジネスダイアグラム(図表)」化して理解する方法です。
多くの新聞記事を練習問題としてとりあげ、具体的にその活用法を解説します。巻末には各種フォーマットや練習問題を収録しています。

■「ビジュアル思考力」でロジカルシンキングの限界を超えろ!
左脳的なロジカルシンキングは、言葉で論理的に思考するのでスピードに限界があります。右脳的なビジュアル思考力は、視覚化された画像イメージで直感的に思考することでその限界を超え、ものごとの理解のスピードを増し、深め、記憶に深く残すという効用があります。
・ビジュアル思考力で、「絵」として直感的に理解する
・難解な数式を「絵」で解いた天才物理学者、リチャード・P・ファインマン
・「ロジカル図解」ではなく、「イメージブル図解」

ページの先頭へ

閉じる

  • 記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力
  • 記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中